桜 さくら

東京の桜が満開になりましたね。
私は夫と、皇居 乾通り・千鳥ヶ淵・井の頭公園を一日でまわりました。場所によって、桜の雰囲気も少し違いますね。
そして、娘と孫と一緒に多摩川土手の覆い被さるような美しい桜の下で、お弁当を食べました。
もう、風に桜の花びらも、優しく散り始めています。

ココログの管理画面が新しくなって、初めての更新です。
練習のつもりで写真を載せています。
どんな風に入るか心配です。

Koukyo01

Inokasira

Tamagawa

何とか写真が入ったようです。観てくださいね。💦


| | コメント (4)

青梅 民家の吊るし飾り・お雛様作品

手芸の仲間6人で、Rさんの車に乗せていただいて、青梅(Tさん宅)に飾られている吊るし飾り・お雛様作品を見せていただきに行ってきました。
一般のお家なので、近くまで来ているのに、何処のお家かよく分からず、友達が電話を掛けて、Tさんが道路に出てくださっていたので、その場所が分かりました。
庭には竹・椿・ツゲ・大きな石などがあり、落ち着いた感じの素敵なお家でした。

「どうぞ お入りください。」と言っていただき、玄関を開けた瞬間から圧倒されるほどの可愛らしい作品が目に飛び込んできました。
下駄箱の上、玄関ホール、階段へとおしゃれに飾り付けられ、見るもの一つ一つに感動で、中々先に進めません。
まずは2階から、そして、1階の応接間へ。
どのくらいの数の作品があったでしょう。写真を撮っても撮っても撮りきれないくらいの作品です。たくさん写した写真の何分の1にもなっていないと思いますが、観てくださいね。

Suzume
雀のお宿とかぐや姫・・・おとぎ話から出てきたような夢のある作品

Oume02
2階のお部屋の作品です。藤の花の繊細さと房の花の数にびっくり。七福神様も堂々として。

Oume03
お雛様飾りがいっぱい。お顔も衣裳もそれぞれに可愛らしい。

Oume04
フキノトウは本物のように見え、琴・屏風・人力車などの小道具もTさん自身で作られるとか。

Oume05
応接室にはTさんがお嫁にいらした時の素敵なお雛様も飾られていました。
吊るし飾りはどれも工夫され、美しく、夢のような空間でした。

Tさんは、5年前までは幼稚園の園長先生をされていたそうです。
たくさんの子供達に日本の良い伝統と美しい吊るし飾り、雛飾りをみせてあげてきた方なのですね。
私達もとても感動し、ワクワクしながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

Soba

お昼は、Tさんに教えていただいた吉川英治記念館隣のお蕎麦やさん「そばと茸の里 じゃもの」に行って、茸の天ぷらとお蕎麦のセットなど、美味しくいただきました。
帰りには近くの農協に立ち寄って、思い思いの野菜を買い、Rさんにそれぞれの自宅まで送っていただきました。
Rさん、本当にお世話になりました。
そして、Rさんにいただいた甘夏でマーマレードを作ってみました。

Mamaredo

いつも貴重なものをありがとうございます。



追伸 
私がブログを書くときに利用している「ココログ」が3月19日に大規模な全面リニューアルを実施するそうです。
管理画面なども大きく変わるようで、今までと同じように使えるか心配もあります。
私がブログをはじめてもう10年以上になります。
新しい「ココログ」になっても、無理しない範囲で続けられたらと思っています。

| | コメント (4)

湯河原梅林&陶芸

Niwa01

各地で梅だよりや河津桜だよりが聞かれるようになりました。
我が家の梅(南高梅)も少しずつ咲き始めました。寒い冬が過ぎて、この花が咲くのが、毎年楽しみです。

私は夫と湯河原梅林に出かけてみました。途中、相模湾の広々とした海が見えると、それだけでも気持ちが弾みます。

Umi

湯河原の町に入ってから、「湯河原梅林」の看板を見落としてしまい、、少し迷いながら到着しました。
梅は7分咲きで、一番近い駐車場は満車とのことでしたが、9台待ちで20分ほどで入る事が出来ました。
幕山の山肌に沿うように咲く約4000本の白梅・紅梅は自然の景色に溶け込んで、春の訪れを感じさせてくれ、とても綺麗でした。
「幕山」という名前は、南麓斜面に露出した岸壁が遠くから眺めると、まるで舞台の「幕」のように見える事からつけられたと言われているそうです。

Bairin01 Bairin04

菜の花と梅のコラボも華やかでしたし、真っ白いしだれ梅の向こうに春の山が見えるのも素敵でした。
大きな椿の木の赤い花も、とても綺麗でした。

Baien05  Baien06 

Bairin03_2

帰りに、海沿いのお店で、魚の干物を買って帰りました。

陶芸 
陶芸教室で昨年から作っていたやきものが出来上がりました。
一番楽しみに作っていたのは、昨年10月に生まれた孫のS君のベビー食器です。
男の子なので、乗り物の絵柄を入れてみました。  
緑色(織部)の釉薬が薄くなってしまったのが残念です。
それから、干支のイノシシを作る時には、手芸で作ったイノシシの形を思い出しながら作りました。

2019_tougei2_2


| | コメント (4)

三浦半島へ

横須賀まで、車で夫とお墓参りに出かけた帰りに、「菜の花が咲いている」という横須賀ソレイユの丘まで、行ってみました。
ソレイユの丘は三浦半島にあり、京浜急行の三崎口駅から約4キロほどのところにあります。

Soreiyu
周りには畑が広がり、相模湾も望める丘にあります。
四季折々の花を楽しめたり、野菜の収穫体験、温泉施設、観覧車、ゴーカートなどもあり、子供達の遊ぶものもたくさんあります。
「関東の富士見百景」にも選定され、運が良ければ、菜の花畑の向こうに富士山が見えるはずですが、残念ながらこの日は曇り空で見えませんでした。

Maguro

一面の黄色の菜の花を目の前にすると、1月なのにもう春の訪れを感じる事が出来ました。
園内のレストランで、私は三崎のまぐろ丼、夫はかき揚げうどんをいただき、とても美味しかったです。

それから、近くにある荒崎の海岸にも行ってみました。
この場所は、横須賀に住んでいた夫の中学校時代の担任の先生が住んでいらした所だそうで、神社である先生のお宅に、みんなで泊まって、海で泳いだことのある懐かしい場所なんだとか・・・
「あおさがたくさん採れたよ。」と話してくれました。

Aosa

Miura01_3 Arasaki02_3

 

午後3時頃、太陽の光で海がキラキラと輝き、岩場の迫力あるシルエットも加わって、とても美しい光景でした。

Tukudani

農産物売り場で大きな三浦大根を買って帰り、おでん、ぶり大根、味噌汁、そして大根の佃煮も作りました。冬の大根、とっても美味しいですね。


手芸 

今年初めての手芸の会がありました。

Syugei1
いつも中心になって、作品作りを教えてくださったり、作りやすいようにキットにして、準備してくださるHさん。今回は、とっても可愛いミニお雛様を教えていただきました。
午前、午後とみんなで作り、その日の内に完成しました。
とても可愛いので、みんな嬉しそう~
Hさんが作られた素敵な吊るし飾りも、窓側いっぱいに飾られて、幸せな気持ちになりました。
今年もAさんが皆さんにと、ミニポーチをたくさん作ってきて、プレゼントしてくださいました。
布や縁取りを一つ一つ変えて・・・いつもありがとうございます。
鍵や小物を入れて、大切に使っています。

| | コメント (4)

今年もよろしくお願いします

2019年のイノシシ年が穏やかに始まって、もう7日になりました。
今日は月曜日、寒い仕事始めになった人も多いようです。

Inosisi
少し遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Nanakusa

今朝は七草がゆをいただいて、飾っていた松飾りをしめ納めしました。
春の七草  せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろは緑が美しく、春の香りがほんの少しします。

我が家のお正月は、1日から2日と娘家族、息子家族が集まり、今年は小さな孫が二人になって、1歳5ヶ月と2ヶ月なので、泣いたり、笑ったり、追いかけたりと嬉しい賑やかさでした。
自己流のお節料理と手巻き寿司の用意をして、みんなで食卓を囲みました。
子供達は孫の世話もあり、あまりお酒は飲みませんが、夫は嬉しそうに日本酒を飲んでいました。

Syougatu
4日は、両親のいる施設に行ってきました。
いつも待っていてくれるので、今年も妹と協力しながら、通いたいと思います。

5日は夫と八王子の子安神社に初詣に行きました。

Koyasu
5日目になると、人の数もそれほど多くなく、子安神社奥にある金刀比羅神社のご祈祷の順番もすぐに回ってきました。
夫は2年ほど前から膝が悪くなっているので、ご祈祷中も正座が出来ません。
だんだん年齢を感じます。
今年も夫婦揃って、元気に過ごせる事が目標です。

ゆっくりペースのブログ更新になると思いますが、今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (4)

晩秋の三溪園

学生時代の友達と三人で、晩秋の三溪園を歩いてきました。
JRの桜木町駅で待ち合わせをして、駅前からバスに乗り、約25分。三溪園入口で下車しました。

Annai_2

私は、横浜に住んでいたこともあり、三溪園には2度行ったことがありますが、今までで一番賑わっていました。
花嫁衣装を着た花嫁、花婿さんが、美しい三溪園の景色の中で、4組ほど写真を撮っていましたよ。

三溪園は、明治時代末から大正時代に掛けて製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家・原三溪(本名富太郎)が、東京湾に面した三之谷と呼ばれる谷あいの地に造りあげた、広さ約175,000㎡の日本庭園です。(パンフレットより)

Sankei01_2 Sankei02

旧燈明寺三重塔

は京都木津川市の燈明寺(廃寺)にあったものを大正3年に移築したもので、関東地方にある木造の塔では最古だそうです。
高台からは横浜の街並みとベイブリッジも見えました。

Tou Miharasi

Otya

友達と休憩にお抹茶セットもいただきました。
真っ赤なモミジをガラス越しに眺めながら・・・良い時間が流れました。

そこからバスに乗って、中華街まで戻り、三人のひらめきで入ったお店「鵬天閣」は小籠包の美味しいお店で、小籠包・チャーハン・焼きそば・ごま団子をシェアしていただきました。
どれも、とても美味しかったです。

Yamasita
それから、山下公園まで少し歩き、大きな氷川丸や海、みなとみらいを眺めながら、ベンチに座りました。
友達とは積もる話もいっぱいです。桜木町駅近くの喫茶店に入り、温かい飲み物をいただきながら、もう少しおしゃべりしました。
それぞれに自分やご主人の健康が気になる年になりました。
お互いに健康に気をつけて、過ごしましょうね。

           

もうすぐクリスマスがやってきますね。

Kurisumasu
手芸でクリスマスらしいベルの飾りを教えていただき作りました。
トナカイは、Hさんが作ったものです。
とても可愛いので、今年は間に合わないかもしれませんが、みんなで教えてもらおうと思っています。

今年も後、2週間余りになってしまいました。
嬉しい事、ホッとしたこと、心配に思う事など、色々なことがあり、アッという間の一年でした。元気で過ごせた事に、感謝しています。

今年のブログはこれでお終いにします。
一年間お世話になり、ありがとうございました。
皆さん、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。

| | コメント (4)

晩秋 いろいろ

冬の足音が聞こえてきそうな、空気が冷たく感じられるこの頃です。
11月の初めの事ですが、娘と孫と一緒に昭和記念公園のイチョウの黄葉を観に出かけました。

Ityou01 Ityou03

ちょうど園内2カ所のイチョウ並木の黄葉が見頃を迎えていました。

Otiba02

頭上にも足元にも黄金色の世界が広がっていました。
赤や黄色の落ち葉もとっても綺麗~
孫は一人でよちよち歩きが出来るようになり、興味のある方向へ歩いて行きます。
すぐに転ぶので、近くに付いていますが、葉っぱや石が大好きなようです。

昭和記念公園の夏の花火大会は、今年は台風の接近によって、中止されました。
その代わりだと思いますが、11月23日に、1時間ほど、花火が打ち上げれました。
私は夫と、家から歩いて10分ほどの、夫が散歩の途中で見つけた高台に行って、花火を観ました。

Hanabi
少し打ち上げ場所からは遠いですが、街の夜景と共に、きれいな花火が見えました。
20分ほどで体が冷えてしまい帰る事にしました。

友達に20個の渋柿をいただいたので、吊るし柿を作ってみました。
洗濯干しに吊るし、家にいるときは外に出し、出かける日は、窓の近くに置いて約三週間。
やや乾燥にむらがありますが、甘く仕上がりました。

Hosigaki_2 Imo

また、手芸の友達に教えていただいたサツマイモの「鬼まんじゅう」も作ってみました。
おやつに作ってきてくださって、とても美味しかったのです。
サツマイモの美味しい季節。両親にも持っていってあげたら、喜んでくれました。

Syugei01

11月に手芸の会で教えていただいて作った作品です。
折り紙のようなたたみ方で出来る、可愛いポーチ。
そして、布で作った洋梨。果物を布で形作るのは、楽しいです。

| | コメント (4)

十月の出来事

木々の葉も色づきはじめ、爽やかな季節です。
十月は私にとって、嬉しい出来事が二つありました。

一つは、息子夫婦に初めての子供が生まれた事です。
男の子で、S君です。
元気に生まれてきてくれて、ありがとう。
孫が二人になりました。

そして、もう一つは、姪の結婚です。
二年前に亡くなった妹の娘が、横浜みなとみらいの海が見える結婚式場で、結婚式を挙げました。
結婚式ではお母さんへの感謝の気持ちが伝わってきて、胸が熱くなりました。
これから二人で幸せな家庭を築いてくださいね。

Gekka02

十月の初めに咲いた4輪の月下美人の花。
今までで一番多く、咲いてくれました。9時過ぎには家の中に入れて、何度も見ていました。





大切な出来事を無事に終えて、少しホッとした時間が持てたので、夫と白州方面へドライブに出かけました。
朝は小雨も降り、曇り空でしたが、出かける頃には、青空も見えるようになっていました。
中央道にのって、白州→明野、韮崎→大月と巡ってきました。

Hakusyuu_2 Hakusyuu02_2

Akeno Miyage


山々の木々の紅葉もはじまり、里の稲も黄金色に輝いて、あるいはもう刈り取られ、秋の景色が美しく広がっていました。
途中のお店で、嵯峨菊・りんご・きのこ・山芋も買うことが出来て、楽しかったです。
青い空に白い雲、明野からは雪を被った富士山も見えました。

最後には、大月インターで下りて、「笹一酒造」に行きました。
大正時代から100年近く日本酒を作り続けているそうで、夫が、行ってみたいと言っていた酒造です。
夕食の時に開けて、きのこ鍋を食べながら、「美味しい」と飲んでいました。

(途中から、字に色と下線が入ってしまいました。修正出来ず、読みずらくてごめんなさい。)

Sasaiti_2

| | コメント (4)

青森の旅

久しぶりに夫と2泊3日の旅をしてきました。9月6日(木)~8日(土)
行き先は青森です。のんびりと青森の自然の中を、新青森駅で借りたレンタカーで巡りました。
1日目  十和田・奥入瀬
十和田湖方面を訪れるのは2回目ですが、蔦温泉にもう一度泊まりたくて、またやってきました。
新青森から車で約1時間半かかります。

Towada01
十和田湖は約20万年前の火山噴火によってできた二重式カルデラ湖です。
岸辺付近をオシドリが仲良く、スイスイと泳いでいました。
湖畔にある高村光太郎作の乙女の像は有名です。
そこから歩いて2.3分の所にある十和田神社にお参りをしました。太く立派な杉の間をぬうように参道があります。
江戸時代には南部藩の霊場として栄えたそうです。

Oirase

奥入瀬渓流は、十和田湖に向かう途中にあり、今の季節は緑がとても深く、道路と平行するように川が流れ、すっぽりと渓流の中に入ってしまったような心地よさがあります。

蔦温泉・蔦沼
蔦温泉の一軒宿 蔦温泉旅館は温泉がとっても良いのです。
源泉湧き流しのやさしい湯で、ブナの底板から直接、ぷくっぷくっと湯が沸いてきて、足当たりがとてもやさしく、昔の温泉はこんなだったのかなと、体も心もほっこりと温まります。

Tutaonsen
そこから歩いて10分ほどの所にある蔦沼もひっそりと静かで美しい。
蔦沼の紅葉は、湖面に映り、真っ赤でそれは美しいらしいがそれが見られなくて残念です。

2日目 弘前・岩木山の麓
夫がりんごが実る道を走りたいという。
それならと弘前りんご公園を目的地にして、赤いりんごがたくさん見られる道を走る。

Hirosaki
思っていたよりりんごの木は、小さく仕立てられているものがあり、それでも遠くからでも、赤いりんごが可愛らしく、目に入ってくる。
弘前はりんごの町ですね。
美しい形の岩木山もその向こうに大きく広がる。
りんご公園から見えた岩木山、頂上付近は雲に隠れていましたが、津軽富士と言われるように、堂々とした美しい山でした。

岩木山まで上る時間は無いので、岩木山神社でお参りをして、戻る事に・・・
週末にある秋祭りの準備が進められていて、長い参道には、多くの露店が並びはじめ、それはたくさんの提灯が、参道入口に飾られていました。

Nebuta01_2

それから、1時間半を掛けて、2日目の宿、浅虫温泉 辰巳館に向かいました。
陸奥湾がすぐ目の前で、運が良かれば、美しい夕景が見られるのですが、この日は残念ながら見られませんでした。
夜には宿の中庭にねぶたが出て、ラッセラ、ラッセラの音にのって、しばらく鑑賞させてもらいました。東北に来た感じがします。

3日目 最後の日は下北半島へ。
行けるところまで車で走って、14時に新青森駅にたどり着くようにしました。

Simokita_3 Simokita_2

たどり着いたのは横浜町。春には菜の花畑が広がる美しい海辺の町です。
下北半島を走っているとあちこちにホタテの網や加工場があり、風を利用しての風力発電の風車もたくさん回っていました。
もっと先に行くには、宿泊しないと無理かな?
青森は奥が深いです。
知らない土地に行かれるのは、新しい発見もいっぱいです。
たくさんの美しい景色と美味しいもの、そこに暮らす人の思いも少し感じる事が出来きました。

 手芸 
手芸の会で、友達のRさんが夏の間、時間を掛けて作っていた夏バージョンの吊るし飾りを見せていただきました。
1つ1つ丁寧に作られた蝉と朝顔、とっても夏らしいですね。
朝顔らしい布を探して、古着屋さんで古い着物を買い、それを解いて、使っているのです。
本物の朝顔が咲いているようにきれいです。

Natu01
私はかわいい猫を教えてもらいました。
布を変えて、いつの間にか5匹に・・・

| | コメント (4)

お盆も過ぎて・・・

8月も半ばを過ぎ、猛暑続きだった今年の夏の暑さも一休み、今日は空気が爽やかで、過ごしやすい一日でした。40日ぶりに猛暑日地点がゼロになったそうです。
来週はまた暑さが復活するそうなので、もうしばらく暑さに負けないように頑張りましょう。

少し前になりますが(7月末)、娘と孫と一緒に、昭和記念公園のひまわりを見に行ってきました。7月で1歳になったNちゃんは、自然がいっぱいのところに出かけると楽しそうです。
青い空、緑の芝生、こもれびの里のハス、ひまわり畑と夏いっぱいです。

Harappa Hasu

Himawari01

夏は暑いので、公園内はそれほど人は多くなくて、ゆっくりひまわりを眺める事が出来ました。
私達が行った日の後に、台風12号がやってきて、アッという間にひまわりの見頃を過ぎてしまったようです。
良い時期にきれいなひまわりを見る事が出来ました。

Asagao

今、庭の朝顔が元気いっぱいに咲いてくれています。
その季節にしか見られない花に、元気をもらっています。


手芸でも、二つのものが完成しました。
ダックスフンドのペンケースとパッチワーク入りの白いバックです。

Syugei1807

ダックスフンドがとても可愛らしいので、みんなに人気があります。
その手芸の会のお昼の時に、友達のAさんから、手作りの鶏ハムを分けていただきました。
とても美味しかったので、私も教えていただいたように作ってみました。

初めてのハム作り、鶏むね肉を観音開きにして、隙間がないように巻くのが難しかったです。
やや隙間がありなので、包丁を入れると崩れ気味なので、厚めに切りました。
お盆で子供達が帰ってきたので、お昼のそうめんに添えて出してみました。
美味しいと言って食べてくれたので、作った甲斐がありました。

Torihamu_2

| | コメント (4)

«鳩森八幡神社&手作り